新型コロナウイルス感染予防対策 -

お子さまの安心・安全を最優先とし、教室環境の整備・健康管理等を実施のうえ、細心の注意を払っております。

①健康状態の確認

入室時の検温をお願いし、健康状態を確認しています。

②手洗い(消毒)の徹底

入室時には、手洗い(消毒)を徹底しています。

③咳エチケットの徹底

マスクの着用を必須とするとともに、教室内に咳エチケットのポスターを掲示して咳エチケットの徹底をしています。

④教室の清掃/消毒

教室内を清潔に保ち、授業の入替ごとに使用したスペースおよび備品等を消毒しています。

⑤授業と授業の間隔をあける

授業入替時の3つの密(密閉・密集・密接)を避けるため、前の授業と後の授業の間に適切な時間を設けています。

⑥教室内の換気の徹底

授業入替時や授業中など、時間を決めてこまめに教室内の換気を行っています。

⑦受講生徒の分散

時間割を増やすことで、1授業あたりに受講する生徒数を制限しています。

⑧座席配置の工夫

3つの密(密閉・密集・密接)を避けるため、座席間隔を十分にとっています。

⑨教室内での自習・食事の制限

3つの密(密閉・密集・密接)を避けるため、自習人数・自習時間、教室内での食事を制限しています。

⑩授業の振替

少しでも体調がすぐれない場合は、授業当日であっても授業の振替を実施しています。

⑪教室スタッフの体調管理

出勤時には検温や手洗い・マスクの着用等の感染症対策を徹底しています。また、教室スタッフおよび同居する家族に感染・濃厚接触の疑いがある場合の報告・相談ルートを設置し、適切に対応しています。