英語4技能対策コース -

日本の英語教育が変わる

新しい学習指導要領では、「小学校で英語授業の教科化」「中学校の英語授業を原則英語で実施」など、グローバル化に対応した【英語教育改革】が推し進められています。

「英語」への関心が高まる昨今、英会話スクール/一般消費者向けオンライン英会話の数も増えています。

ただ、そのほとんどが「なんとなく話せるようになる英会話」であり、受験・検定対策に直結した「実践的な生きた英会話」を学べる環境は少ないのが現状です。

これまでの英語教育と何が変わるの?

従来の英語教育

これまでの多くは「読む」「書く」を中心とした英語教育、生きた英語力をつけるのは難しかった。

これからの英語教育

グローバル化に対応するため「聞く」「話す」ことも学び、英語4技能を使いこなせる力が重要になります。

英語4技能対策コース -

小学生・中学生で具体的に何が変わるの?

3・4年生から「外国語活動(必修化)」がはじまります。5・6年生は「外国語活動」として英語に触れてきましたが、これからは教科として英語を学ぶことになります。英単語は600~700語を取り扱います。

身近な自柄を中心に、コミュニケーション能力を養うことを目標とします。授業は英語で行う事を基本とし、言語活動が重視されます。これまでより「聞く」「話す」が大事になっていきます。

学習塾で英会話を勉強するメリット

普段から学習面を管理・指導している学習塾で学ぶから、無駄なく「生きた英会話」と「受験の力」が身につく

英会話スクールと比べ、学校と塾は学ぶ単元や順番が同じなので、未習単元が先行して出るような「学びの無駄」が発生しません
また、普段から定期テスト・受験対策などを指導し、子どもたちのことを理解している学習塾が品質を担保した英会話を提供・学習を管理するため、より効率的かつ実践的に「受験対策」「生きた英会話」を指導することができます。

英語4技能 対策コースのご紹介

小学生コース

2020年度より「小学3年生から英語必修化」「小学5年生の教科化」が完全実施されます。英語に対して、苦手意識が固まらないうちに早期に正しい英語を習得しましょう!

英語4技能対策コース -

英語をもっと身近に楽しく!

音を聴き取る力に優れている小学生のうちに英会話を始めれば飛躍的な効果が期待できます。

外国人講師とマンツーマンレッスンでインプットとアウトプットが英語で出来るから習熟スピードは抜群!

英語が教科化されるようになれば、私国立や公立中高一貫校の中学受験への導入や、高校受験の内容にも影響が出てきます。先々のことを踏まえて早めに取り組みましょう!

中学生コース

新指導要領に準拠しているマナラボで「聞く」「話す」を鍛え、塾で「読み」「書き」の対策を行えば、相乗効果で高校・大学入試においても、将来仕事につく際も非常に安心です。バランス良く英語を身につけていきましょう!

英語4技能対策コース -

英検準2級相当の「話せる」英語が身につきます

文法と読解に偏っている英語学習の現状を見直しませんか?4技能がバランスよく高まる相乗効果により、英語力はさらに向上します。入試改革にも備えて、早い段階で本物の「使える英語力」を身につけましょう!

英語4技能 対策コースの特徴

外国人講師と1:1だからこそ力がつく!

英語4技能対策コース -

外国人講師と1:1だから、子どもたちもホンキで聞き取ろうと努力し、ホンキで伝えようと工夫し、力をつけます。レッスンは毎回マンツーマンで行われるため、お子さまのレベルに合わせたレッスンが可能です。不安があるお子様には定着のために繰り返し練習を、レベルの高いお子さまにはフリートークにチャレンジしたりと講師が柔軟に対応してくれます。

新学習指導要領対応のため定期テストにも強い!

英語4技能対策コース -

学校の授業の順番に沿った学習指導要領に対応しているため、学校で今習っている単元を英会話で学ぶことができます。文法や単語も学べるので各中学校の定期テストの対策もばっちりです。リスニングテストでも力を発揮することができます。

料金案内(税別)

週1コマの月額(1コマ50分)6,000円
追加 1コマ(50分)1,500円
※1コマあたり年間42回の講座となります。

普段から学習面を管理・指導している塾で学ぶことで無駄なく「生きた英会話」+「受験の力」が身につきます。

一般的な英会話スクールで「道のたずね方」や「買い物での会話」など学習し続ければ話せるようになります。ただし、その学習は学校で習う単元や順番に対応したものではなく、習っていない単元が出てきたり、学校や塾での学習に直結していないため成果が見えにくいことが多いです。
普段からお子様のことを理解しているマナラボが英会話をご提供することで、より効率的に「受験対策」と「生きた英会話」を指導することができるのです。

英会話スクールとの併用のデメリット

英会話スクールと塾を併用すると、ダブルスクールにダブルカリキュラムでお子様に負担がかかります。また、違う施設に通うため、講師同士の交流もなく、お子様への指導に一貫性がありません。

塾で英会話を学ぶことができれば、塾や学校の指導要領に合わせたカリキュラムですので、お子様の理解もスムーズで負担も軽くなります。マナラボではお子さま一人ひとりの「聞く」「話す」「書く」「読む」の4技能の習熟度管理やカリキュラム作成など、すべて同じ講師が担当いたします。お子さまのレベルや目標に合わせた一貫性のある4技能対策の授業をご提供することが可能です。