通信制高校の入学時期は?転入・編入はいつでも可能?

通信制高校の入学時期はいつ?

通信制高校を検討しているならば「4月の入学式に間に合わなかった」というだけで、あきらめることはありません。実は、通信制高校は全日制高校や定時制高校の様に入学式は年に1回、4月だけというわけではありません。

通信制高校には4月入学と10月入学がある

八洲学園大学国際高等学校の制服 | GO!通信制高校|通信制高校 ...

不登校などの理由により進路が決まらないまま中学を卒業することもあります。

また、高校を中退してこれからの進路に迷っているも方もいるでしょう。そんな時、通信制高校に進学するというのも選択肢のひとつです。

「でも、来年の4月まで待って、1学年下に入るしかないのでは?」と、思う人もいるかも知れませんが、心配はありません。なぜならば、通信制高校ではそもそも学年という概念がありません

10月入学でも3月に卒業することも可能?

通信制高校を卒業すれば全日制高校同様に高等学校卒業資格を取得できます。卒業のためには、最低でも3年間在籍していることが必須条件のひとつとされています。

注目したいのは、もし、全日制高校に在籍したことがあるならば、その分も合わせての3年間と計算されるという点です。例えば、全日制高校に半年通って中退したならば、通信制高校には2年半在籍すれば卒業のための要件を満たすことになります。

したがって、全日制高校に9月まで通って中退していても、10月すぐに通信制高校に入学すれば、同級生と同じタイミングで高校を卒業できるということです。

通信制高校を卒業するために必要な条件

通信制高校は3年間在籍していれば自動的に卒業できるというわけではありません。次の3つをクリアして初めて卒業することができます。

■3年間以上の在籍期間
■74単位の取得
■特別活動30単位の取得

八洲学園大学国際高等学校の詳細情報<口コミ・学費・偏差値など ...

このうち、特別活動とはホームルーム、体育祭、修学旅行などの行事のことです。スクーリングと呼ばれる登校日にこれらの特別活動が実施されることになっています。

八洲学園大学国際高等学校あれば、年に1回5日間(他に年1回7日間プランあり)のスクーリングで、実施されます。

通信制高校への「転入」と「編入」の違い

全日制高校や定時制高校にある程度通った後に「やっぱり通信制高校で勉強したい」となった際には、転入あるいは編入をすることになります。転入と編入は何が違うのでしょうか?

通信制高校への転入とは

転入とは、前の学校から間を開けずに次の学校に入学することです。たとえば、9月30日まで全日制高校に在籍していて、10月1日から通信制高校に入ったならば転入の扱いになります。全日制高校に席を置いたまま転校という形で通信制高校に入学するため、高校に在籍していない空白期間はできません。

通信制高校への編入とは

編入とは、現在の学校を退学した後に次の学校に入学することです。たとえば、全日制高校を辞めた後にしばらくブランクがあり、あらためて通信制高校に入学し直したならば編入ということになります。

編入では高校に在籍していない期間が生じることになります。そのため、全日制高校から全日制高校へ4月をまたいで編入する場合には、もう一度同じ学年をやり直すことになります。なぜならば全日制高校では学年制を採用しているからです。同じく学年制の定時制高校でも同様の仕組みになっています。

一方、通信制高校は学年制ではなく単位制なので同じ学年からのやり直しということはありません。空白期間が短ければ同級生とさほど変わらず高校を卒業することもできるでしょう。

通信制高校の入学時期は4月と10月だけではない?

いろいろな事情から通信制高校に4月、10月以外のタイミングで入学したいと考えている人も多いかもしれません。そのようなケースへのサポートはあるのでしょうか?

随時入学を受け付けている通信制高校もある!

通信制高校は基本的に4月と10月に入学式を行っていますが、個人的な編入、転入は随時受け付けてるところも少なくありません。八洲学園大学国際高等学校では、いつからでも勉強したい生徒を受け入れています。

もし、家の近所には公立通信制高校しかなくて、中途半端な時期に入学できなかったとしても問題ありません。なぜならば、全国どこからでも入学可能だからです。

全日制高校とは違い、住んでいる場所の制約を受けずに自分にピッタリの学校を選択できるのも通信制高校のメリットと言えます。これまで、学校というものにがっかりし続けてきた人も、今度こそ快適に勉強できる学びの場と巡り会えるかもしれません。

随時入学OKの通信制高校

随時入学を受け付けている通信制高校のひとつに八洲学園大学国際高等学校があります。実際、日本各地の生徒が在籍中ですが、スクーリングは年に1回最短5日間~なので、無理なく卒業を目指すことができます。

授業は基本的にインターネット学習で、いつでも自分の好きな時に進めることができます。自由になる時間が多いので、スポーツ、芸能活動、バレエなどを生活の中心にしている生徒も少なくありません。

通信制高校に学年途中で転入・編入する際の注意点

全日制高校や定時制高校から通信制高校に転入・編入する場合、前の高校で取得した単位は引き継がれるのはうれしいところです。しかし、ひとつ注意したいのが、あくまでも前年度までの単位しか認定されないという点です。

たとえば、全日制高校では一般的に2年に進級するのに30単位、3年に進級するのに60単位、卒業までには100単位以上を取得することもめずらしくありません。もし、3年に進級したものの途中で退学したならば、通信制高校では残り14単位を取得すれば良い計算になります。

前期・後期と2期制を採用している全日制高校では前期だけで取得できる単位もあります。しかし、たとえば10月に通信制高校に編入・転入した場合、前期に取得した単位は引き継がれないことになるので注意しましょう。

通信制高校は1年に何単位取得できるのか

通信制高校はどのような学校なのか、また、生徒がどれぐらい頑張るかによって1年間で取得できる単位数は異なってきます。一応の目安としては、年におよそ25~30単位とも言われています。

もし、2年、3年に進級できる単位をしっかりと取得した上で、4月から通信制高校に転入するならば、同級生にまったく遅れることなく高卒資格を取得できる確率はかなり高いでしょう。

しかし、2年までに30単位、3年までに60単位を取得していない場合には、同級生に追いつくにはかなり頑張らないといけません。それでも、頑張ってみる価値はあります。自分の努力次第で決められたレール以外の道を開拓できるのが通信制高校の魅力でもあるのです。

通信制高校にも入学試験があるの?

4月、10月はもちろん好きな入学時期を選択できる通信制高校ですが、入学試験はどうなっているのでしょうか?

通信制高校にも入学試験がある!

通信制高校にも入学試験はあります。おもに面談、作文、簡単な筆記テストなどが実施されています。全日制高校が「落とすための試験」であるのに対して、通信制高校は「受け入れるための試験」とも言われ合格率は高めです。

通信制高校の入学試験は面接がポイント

さらに、私立通信制高校の場合は筆記テストはなく、面接と書類選考のみというケースも少なくありません。しかし「受け入れるための試験」と言われてはいますが、稀に不合格となってしまうこともあるので油断は禁物です。

通信制高校の入学試験でポイントとなるのは面接です。中学や高校の制服または、清潔な服装でのぞむようにしましょう。通信制高校は全日制高校のように厳しい校則がないというのも特徴のひとつなので、茶髪やピアスも問題ないかもしれません。しかし、とりあえず、面接の際には黒髪でピアスは外しておいた方が無難です。

面接の際に聞かれる質問も、難しいものは特にありません。主に「この学校を選んだ理由」「卒業まで勉強を続ける意志」「卒業後の進路についての希望」などを聞かれることが多いようです。面接官の顔を見て、簡単でもかまわないので自分の考えをしっかりと伝えるようにしてください。

部屋に入る時は「失礼します」、去り際には「ありがとうございます」とおじぎをするという基本的なマナーも忘れないようにしましょう。

通信制高校の入学時期は自由!

以上のように通信制高校の入学時期は「いつでもOK」という状態です。ただし、公立通信制高校だと4月のみの受け入れになっていて、入学試験は3月に実施されることがほとんどです。学費が安いのが魅力的な公立通信制高校ですがタイミングを逃してしまうこともあります。

やはり、通信制高校の長所である「入学随時」を最大限に発揮しているのは私立通信制高校です。一口に私立通信制高校といってもさまざまな校風があるので、もしチャンスがあればオープンキャンパスなどに足を運んで実際の雰囲気を感じてみることをおすすめします。まずは、資料請求をして複数の学校を比較してみてはいかがでしょうか。