小学校高学年に読ませたい「読書が好きになる本」を塾の先生たちが選んで紹介します

小学校高学年に読ませたい「読書が好きになる本」を塾の先生たちが選んで紹介します

言葉屋 言葉と言珠のひみつ

  • 作:久米 絵美里
  • 絵:もとやま まさこ
  • 出版社: 朝日学生新聞社

あらすじ

小学5年生の詠子のおばあちゃんのお仕事は、町の小さな雑貨屋さん。…と思いきや、本業は、「言葉を口にする勇気」と「言葉を口にしない勇気」を提供するお店、言葉屋だった!言葉屋の成り立ちと使命を知ることとなった詠子は、その夏、言珠職人の見習いとして、おばあちゃんの工房に入門する―。朝日学生新聞社児童文学賞第5回受賞作。

おすすめポイント

第5回朝日学生新聞社児童文学賞受賞作に選ばれた「言葉屋 言葉と言珠のひみつ」。登場人物がみんな純粋でとても心が温かくなります。

言葉屋は、勇気をもって言葉を伝えることを手助けしたり、これを言えば回りや相手が傷つくという言葉を封印する勇気を提供してくれる。

SNSやネットで傷つける言葉がたくさん書き込まれている現代において、言葉の大切さを教えてくれる物語です。言珠と言われる通り、言葉は神聖なものなのです。

小学校高学年にもなってくると少しずつ言葉も乱暴になってきますよね。そんな子どもさんのために言葉を発信させる大切さを見直させてくれる一冊です。是非、皆さんも一度読んでみてはいかがでしょうか?

読書のメリットとは?お子様に読書が必要なわけ!!

小学校高学年に読ませたい「読書が好きになる本」を塾の先生たちが選んで紹介します

子どもが読書好きになると、どういった効果があるのでしょうか。

文字を読むことで語彙(ごい)力がつき、想像力や知識も向上します。

他にも国語力も自然につくなど、読書にはさまざまな効果があります。

ぜひお子さまに読書の習性をつけてあげましょう。

読書がお子様に与える影響

小学校高学年に読ませたい「読書が好きになる本」を塾の先生たちが選んで紹介します

本の中には色々なワールドワイドな世界が広がっています。

読んでいる間はその中に入って、自分で想像しながら読みすすんでいくもの。

普段とは違う世界をたくさん経験することで、想像力が養われます。

その上文章を読んで中身を理解する力がつくと、全ての教科勉強の基礎となる国語力をつける事が可能になります。

分析的な思考力が身につき、文章を記述する能力もアップします。

他にも集中力がつく、ストレスが軽減される、コミュニケーション力の向上などが見込まれます。

本を読む事で作者の考え方やいろいろな表現を知る事ができ、自分の世界観を広げるきっかけに。

読書が好きなお子さまは本からたくさんの知識を得る事で、自らの頭で考える習性を身につけているそうです。

小さいうちからの読書習慣は、社会で働くうえでも大きな影響があると言えるでしょう。

1日の読書時間はどのくらい?

小学校高学年に読ませたい「読書が好きになる本」を塾の先生たちが選んで紹介します

国立青少年教育振興機構では、子どもの読書活動と影響・効果に関連するリサーチを2015年に実施しています。

それをもとに、就学前〜中学生の1日にあてる読書時間と勉強の関係を見てみると、次のことがわかりました。

高得点〜平均点が取れる子どもの読書時間は、1日30〜60分未満が多いという結果に。

次に多いのは1日15〜30分未満、その次が0〜15分未満でした。

意外にも1日2〜3時間未満を読書にあてているお子様は、30分未満の子どもより少ないようです。

1日の読書時間が多ければ良いというものではなく、適切な時間があることがわかります。

1日30〜60分程度の読書時間を習慣づける事が、習得とのバランスを取るうえでも大切。

その子にあわせて続けやすい時の長さからはじめてみることが肝心なのかもしれません。

読書嫌いなお子さまへの読書の取り組み方

読書嫌いなお子さまのため

・普段から本を手に取りやすい環境を作る
・いつもの質問を、本を通して調べるように促す
・読み聞かせをする
親が読書をする本がいつでも手に取れる環境を作ってあげる事で、まずは本に興味を持たせてあげましょう。

肝心なのは、無理やり読ませないこと。

年齢にあわせて読みやすさを考えて選び、お子さま自身から読みたいと思う事が大切です。

また、普段の生活で子どもは親に質問をしてくることが多いもの。

その質問にすべて答えるのではなく、子どもが自らで考えたり調べたりするように促してみてください。

「この本を読んでみたらどうかな?」と導くと、自発的に読むきっかけになります。

小さい頃から父母が読み聞かせをするというのも方法のひとつ。

絵本ならお子様から「読んで」と持ってくるはずです。

気に入れば自分で引っ張りだして読むようになるので、就学前のお子さまにおすすめ。

マナラボの読書への取り組み

小学校高学年に読ませたい「読書が好きになる本」を塾の先生たちが選んで紹介します

個別進学教室マナラボでは小学校1年生から3年生のジュニアコースの国語教科において、速読聴・速読を利用し読書効果による国語力の向上並びに、速読聴・速読による更なる能力開発をお手伝いしております。


まずは、無料体験にてお試しください。

無料体験についてはこちら↓

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

小学校高学年に読ませたい「読書が好きになる本」を塾の先生たちが選んで紹介します
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。