【中学1年生】国語 枕詞

【中学1年生】国語 枕詞

枕詞とは、主に和歌に使われる表現技法です。
ある特定の言葉を導き出し、和歌の調子を整える働きをするものとなります。

五音が原則となっており、「たらちねの→母」という風に、この言葉が来たらこれ!という限定的なものです。

枕詞は数多くあり覚えるものも大変ですので、簡単によく使うものをまとめておきます。

あしびきの(山・峰)     
あをによし(奈良)  
くさまくら(旅)
しろたへの(衣・袖)  
たらちねの(母)   
ちはやぶる(神)
ひさかたの(光・天)     
ぬばたまの(夜・黒)

枕詞は百人一首でも見かけることが多いので見たことがある!なんて感じる方も多いかもしれません。

ちなみに和歌の表現法には、枕詞のほかに
序詞・掛詞
などがあります。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

【中学1年生】国語 枕詞
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です