『競争』の精神

86C10D05 44DF 4419 BC5A C6F895E5EFB2 - 『競争』の精神

うさぎとカメ

300x169 - 『競争』の精神

皆さまご存知の童話『うさぎとカメ』の話に続きがあるのをご存知でしょうか?

うさぎとカメが、勝負してうさぎが居眠りをしている間にカメが追い抜いてしまう。ここまでが、うさぎとカメの勝負【Round1】でした。

Round2

カメに負けて悔しいうさぎは次の日また勝負を申込みました。うさぎは「今度こそ、居眠りなんてしないぞ!」と意気込んで勝負に挑みます。【Round2】ではベストタイムで、うさぎの圧勝です。

Round3

今度はカメがうさぎに勝負を挑みました。「うさぎさん、今度は海の向こうに見える島まで競争だ」

300x199 - 『競争』の精神

うさぎは困りました。バトルフィールドが海・・・。泳ぎではカメに敵うはずがありません。

「よーい、ドン!」勝負が始まるとカメはどんどん先に進んでしまいました。

泳げないうさぎは途中で溺れてしまいます。そこでカメはうさぎを背中に乗せてゴールの島まで運んであげました。

適材適所

島に着いたうさぎは、カメにお礼をいいます。カメは言います。「海では、泳ぎが得意な自分が勝つけど、陸ではうさぎさんに勝てません。」「うさぎさんが海に出るときは、ボクが連れて行くよ。陸ではうさぎ君が助けてよ」

人には適材適所があり、共に走り、共に創るという【共走(共創)の精神】を教える話があるそうです。※諸説あり

競争したからわかったこと

私は、その話にもさらに続きがあると考えました。

うさぎとカメが競い合ったからこそ、ベストタイムが出すことが出来たのです。

競い合ったからこそ、自分の得意、不得意が分かったのです。

自分との闘いも大事ですが、ライバルがいるから頑張れることもあると思います。

ピコでのライバル

そろばん教室ピコは、同じレッスン日でも個人個人で目指している級がこと異なります。

しかし、いつしか自然と生徒同士お友達になり、「僕は今〇級だよ」「僕は〇級、すぐに追いつくよ」と話し合っていました。個別指導でも、いい意味でライバルと競って励みにすることは、成長が早いです。

今月は今日から検定試験WEEKです。まずは自分自身に負けないようにがんばってください。

【エピローグ】うさぎは最初の勝負で何分休んでいた?

300x200 - 『競争』の精神

最後に心理テストです。

タイトルにもあるように、最初の勝負でうさぎはどれくらい休んでいたと思いますか?

5分?30分?1時間?いやいやもっと?

結果発表~

休んでいた時間は、『あなたが仕事中にサボっても平気だと感じる時間』です。

ちなみに、私はうさぎが休んでいた時間は「6時間」と答えました(笑)