ソーシャルメディアと子供:メンタルへの影響

「画面に指先が吸い込まれて離れない」

まんまと画面の虜になる人になっていませんか。

子供がSNSにハマる一方で、親は心の中で懸念が大きくなるばかりです。その影響もあり、子供のオンライン活動を注視し監視することができる「mSpy」instagram 監視 アプリが注目され需要が伸びています。この記事では、子供への影響、その解決のヒントを3つ紹介しています。

SNSのメンタルへの影響

SNSを利用することでのメンタルへの影響が危惧されます。ここでは、大きな影響を3つ取り上げました。

うつ病

ソーシャルメディアがうつ病の引き金になりうる直接原因になるというデータはありませんが、リスクが高まる場合が考えられます。孤独を敏感に感じたり、他の誰かと比べ自分は劣っているなど感じたりすることが増えるコトがあるでしょう。

睡眠

長時間ソーシャルメディア利用することで睡眠への影響があるという見解も見受けられます。睡眠不足や睡眠時に目を覚ましやすいなど、睡眠への悪影響が心配されます。BMJオープンの大規模な研究では3時間以上利用することでの睡眠の質の低下、睡眠悪化が分かっています。

不安

あっという間に大量の情報が入ってくるSNS。その中には友達が注目されている様子、自分よりも充実した毎日を送っているであろう様子があり、その情報が蓄積されることで不安を招くことがあります。また、「いいね」の数を比較しての劣等感やみんなに良く思われる投稿をしなくてはというプレッシャーも考えられます。それは、不安を掻き立て、自信を喪失させてしまう危険性があるでしょう。

親がすべき解決のヒント

何かできないかと考える方も多いでしょう。ここでは効果的なヒント3つを提供します。

使用制限

親は、使用ルール、また制限をかけることをやってみましょう。何を利用し、どれだけ使うか、使用頻度を確認します。制限をかけることが簡単にいかない場合は、mSpyのような子供のオンライン活動を監視できる安心できるツール利用も効果的です。

意見を交わす

この悩ましいソーシャルメディアのコトに意見を交わしたことはありますか?建設的な関係を持つことも大切なポイントです。リスクの可能性や他人との交流のアドバイスなど、賢い使い方を教えてあげられると親子共に安心できるでしょう。

ロールモデルになる

親がロールモデルとしてソーシャルメディアを適切に健全に使うことがポイントです。「ずっとスマホみてるよね」なんて言われないように親が意識したいものです。自分自身の見直し、子供への影響を考え、健康的なロールモデルとなりましょう。

まとめ

ソーシャルメディアを全く使わないという選択肢はできません。それほど当たり前になっています。メンタルへの悪影響から子供を守るためにも親がサポートしてあげることが必要でしょう。mSpyなどのツールを頼り、親子関係を良好に保つのも良いアイデアの一つです。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

【中学1年生】国語 詩の種類
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です