低学年の国語の勉強の仕方

低学年の国語の勉強の仕方

国語と算数の違い

国語は算数と違って実は先取りが難しい教科です。

なぜなら、国語は語彙力等の言語能力と共に、精神年齢が大きくものをいうからです。

一般的に男子の方が最初は精神年齢が低いと言われているので国語が苦手な傾向があります。

男子でも精神年齢の高いお子さんはいますし、女子で幼いお子さんもいます。

なので、お子さまのレベルを見極めて問題を解かせることが必要です。

国語は本を読んでいれば大丈夫?

本を読んでいれば国語は得意ということは当てはまりません。

文章をどのように理解しながら読むかということが大切です。

小学校高学年や中学生で国語が苦手というお子さまの多くは小さい頃の本の読み聞かせをしてこなかった事例が多いようです。

本を読む=国語が得意ではないけれど、本を読まない人に国語が得意な人は少ないということです。

マナラボの速読・速読聴

低学年の国語の勉強の仕方

ICTと本を使用して行う「速読・速読聴」トレーニングです。

小学生から大人まで、国語力アップ・読解力アップが期待できます。
また速読と速聴メソッドで読書をすることで、「読解力」「国語力」をが身に付き、脳の活性化を促します。

速読・速読聴の特長

「聞き」ながら「読む」ことで、抵抗なく読書が始められます。

朗読音声を聞きながら、手に持った本を読み進めていきます。活字を読むことが苦手、または幼稚園や・保育園や小学校低学年のお子さまにも抵抗なく本を読み進めていただけます。

速聴の期待される効果

低学年の国語の勉強の仕方

脳が活性化され、頭の回転が速くなる

倍速で再生した音声を聴くと、普段は聴かない速度の音声を聴くことにより脳の様々な部分が刺激され、脳の様々な部分が連鎖的に活性化されます。

特に、側頭連合野にウェルニッケ野という言語を理解するための部分があるのですが、ここを活性化することで、その近くにある記憶・認識・理解・知覚の各領域が活性します。

速聴を行って速読が楽にできる

低学年の国語の勉強の仕方

右脳開発において速聴の親戚である、速読に効果がでます。

「速読を身につける」ということは「早く読む」「じっくり読む」という選択ができるようになる、ということ。

情報をとるための読書は早く、表現を学びたい時にはゆっくり読む対応ができるので読書の幅が広がります。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

低学年の国語の勉強の仕方
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。