【理科 中学2年】質量保存の法則

【理科 中学2年】質量保存の法則

物質が化学的には「原子」「分子」からできていることは以前にも触れました。

その「原子」の組み合わせが変わるのが化学反応です。

原子は増えたり減ったりしない=全体の重さは変わらない

質量保存の法則とは「化学反応の前後で、反応物の質量の和と生成物の質量の和は同じである」という法則です。

反応の前後で原子は増えたり減ったりしませんし、種類が変わったりもしません。組み合わせが変わるだけなので、当然質量も変わらないのです。

増えたり減ったりして見えるときは、気体が関与

そうはいっても、反応の前後で重さが変わっている実験があるけれど?と思うことがあるかもしれません。

その時は、気体が反応に関わっているはずです。

反応前より反応後の方が重くなっているときは、たいてい空気中の酸素と結びついて酸化しているときです。事前に酸素の重さをはかることが難しいので、化合した酸素の分だけ質量が増えたように見えます。

逆に、反応後の方が軽くなっているならば、それは発生した気体が空気中に逃げて行ってしまった時です。化学反応式で、気体が発生していないか確認しましょう。

実験の際、密閉容器の中で反応させるなど、気体が逃げないような工夫をすれば、反応前後の質量は保たれます。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

【理科 中学2年】質量保存の法則
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。