令和3年度神奈川県公立高校入試 調査書について

令和3年度神奈川県公立高校入試 調査書について

神奈川県の令和3年度公立高校入試は出題範囲が狭まったことをお伝えしましたが、
調査書についてはどうなのでしょうか?

今回は調査書についてお伝えしていきます。

神奈川県教育委員会は下記のように発表しています。

・各教科の5段階の数値のよる「評定」及び3段階(A、B、C)による「観点別の評価」の一部または全部が記載されていない(評価できない)場合であっても、特別な事情を有する場合は、必要な配慮を行い、志願者の不利にならない選考を行っています。

・「評定」及び「観点別の評価」以外の中学校における活動の記録(資格試験の結果や部活動の実績など)等については、選抜の資料(内容を点数化するなど)とはしないこととしています。

このような対応により、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための臨時休業の影響により、
「評定がつけられない、または資格試験を受験できずに実績が残せなかったなどの場合でも、
選抜資料としては支障がありません。

そのため、調査書に関しては昨年度までと同様の扱いとなり、大きな変更はありません。

元々柔軟な対応をしていた調査書のため、今年のようなイレギュラーな場合でも
公平に評価されるようです。

もし、不安な点があるようでしたら学校の先生に相談してみましょう。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

令和3年度神奈川県公立高校入試 調査書について
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です