なぜ中学3年生になると当然のように授業料が上がるのでしょうか?

なぜ中学3年生になると当然のように授業料が上がるのでしょうか?

中学3年生の授業料の現状

多くの塾では、受験を控えた中学3年生は多くの学習時間が必要となるにも関わらず、授業料は上がっていきます。
学習難易度が上がるから?受験対策を行うから?とはいえ学習時間が多く必要な学年になればなるほど授業料は高くなる。おかしいと思いませんか?

中学3年生は学習難易度が上がる?

なぜ中学3年生になると当然のように授業料が上がるのでしょうか?

正直に申し上げると、学習難易度はさほど変わりません。受験対策の観点から見ても中学1年生から中学3年生の内容が出題され範囲は増えますが難易度は変わりません。

なぜ中学3年生から授業料は上がるのでしょうか?

なぜ中学3年生になると当然のように授業料が上がるのでしょうか?
答えは、塾の都合でしかありません!

学力向上には学習量も必要な要素です、多くの集団指導塾では、指導プログラムの変更が行われ、学習時間を確保しています。しかし、個別指導塾では、単価上昇はするものの、学習時間が増加するわけではありません。

単価が上がれば、単純に売上増が見込めるからです。

第一志望合格を考えるなら

良質な指導と学習量は増やすべきです。

マナラボでは、受験期に向けて学習量を確保していくため、地域No.1安心価格にてご提供しています。

マナラボの授業料一覧はこちら

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

なぜ中学3年生になると当然のように授業料が上がるのでしょうか?
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。