【中学1年生】国語 漢文 返り点

【中学1年生】国語 漢文 返り点

漢文は返り点がかなり重要になってきます。
今回は返り点について説明していきたいと思います。

返り点とは「漢文を並び替えて現代文のように読む記号」です。

返り点には、レ点、一・二点、上下点などがあります。

返り点がついている文章は訓読文と呼ばれ、訓読文を読むルールは下記のとおりです。

・上から順番に読む
・返り点がついている部分は読む順番を変える

返り点がついている部分は読む順番を変えるとありますが、具体的には下記の通りになります。

・レ点:下から上へ一字だけ返って読む
・一・二点:二の点を飛ばして上から読み、一の点がついた文字を読んだら二の点の文字を読む
・上下点:一・二点を読んだ後、上の点の文字を読み、その後下の点を読む

上下点はあまり出てこないのでレ点と一・二点の読み方をしっかりと覚えましょう。

読んでいく文章に返り点に合わせた矢印を書いていくと分かりやすくなります。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

【中学1年生】国語 漢文 返り点
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です