【中学1年生】国語 活用とは

【中学1年生】国語 活用とは

よく、国語の文法で、活用するという言葉が出てきます。
活用するってなんだろう?そんな風に感じたことはありませんか?

今回は簡単に活用について説明していきたいと思います。

活用するとは、
あとに続く言葉や文中の働きによって語形が変化することです。

活用するかどうかは「ない」「ば」などをつけてみると分かります。
「ない」「ば」をつけて違和感がなければ活用するということになります。

例えば、名詞は活用しません。
名詞は人名などがメインになっているので、人名に「ない」「ば」をつけると違和感がありますよね。
例:野口英世「ない」
違和感があるときは活用しないと考えてください。

では逆に活用するときはどんな時なのか。
動詞や形容詞・形容動詞は活用します。

例:広い→広く「ない」、広けれ「ば」
  飲む→飲ま「ない」、飲め「ば」

上記のように「ない」「ば」の前が変化していれば活用するということになります。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

【中学1年生】国語 活用とは
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です