【中学1年生】国語 詩の種類

【中学1年生】国語 詩の種類

詩には色々な種類があり見分けがつかない、なんてことありませんか。
今回はそんな詩の種類について解説していこうと思います。

まずはざっと一覧にすると以下の通りになります。

・口語詩:現代の言葉で書かれた詩。
・文語詩:昔の言葉で書かれた詩。
・定型詩:字数(音数)や句の数、配列などに一定の決まりがある詩。
・自由詩:字数(音数)などに決まりがない詩。

中学生であれば上記の4つを覚えていれば問題にも悩まず取り組めると思います。

他にも詩には種類があり、
・韻文詩:短いフレーズで、韻をふむ形式の詩。
・散文詩:普通の文章のように書く詩。
・叙情詩:思いや感情を表現した詩。
・叙景詩:自然の風景を表現した詩。
・叙事詩:歴史上の出来事や伝説、人物などを表現した詩。

そして組み合わせでさらに分類することが出来ます。

・口語自由詩:現代の言葉で自由に書かれている詩。
・文語自由詩:昔の言葉で自由に書かれている詩。
・口語定型詩:現代の言葉で一定の形式で書かれている詩。
・文語定型詩:古い時代の言葉で一定の形式で書かれている詩。

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

【中学1年生】国語 詩の種類
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です