【中学1年生】歴史 江戸時代の始まり

【中学1年生】歴史 江戸時代の始まり

江戸幕府の成立

1600年、関ヶ原の戦いで東軍の「徳川家康」が西軍の石田三成に勝利しました。
これにより1603年に徳川家康が征夷大将軍となり、江戸に幕府を開きます。
そして、1614年と1615年の2度にわたる戦いである大阪の陣により、豊臣氏を滅ぼします。

江戸幕府の全国支配

約400万石の直轄地と旗本・御家人の領地合わせて全国の約4分の1を支配しました。
京都や大阪などの重要都市や現在の新潟県にある佐渡金山などの主要鉱山を直接支配しました。
そして、関所や宿駅を設けて交通や通信を統制するため「五街道」を整えました。

この五街道とは、江戸、日本橋を起点に伸びる東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道の5つを指す陸上幹線道を示します。
五街道は後に2代将軍の徳川秀忠のときに基幹街道に定められたそうです。

まとめ

ここでついに歴史上の人物でも有名な徳川家康に豊臣氏も滅ぼされ、歴史上最も長く続いた江戸時代が始まります。

ところで、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康三人の大名の性格を言い表したホトトギス有名な3句をご存知でしょうか?

織田信長→「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」

豊臣秀吉→「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」

徳川家康→「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」

非常に分かりやすく大名の性格が表現されており、その時代も想像しやすくなるので是非覚えて見てください。

ここまで読んでくださりありがとうございます。
これを読んでくれた方が少しでも歴史に興味を持ってくれたらうれしいです!

Follow me!

個別指導塾で志望校合格を本気で叶えられるのはマナラボです。

【中学1年生】歴史 江戸時代の始まり
個別進学教室マナラボでは受験情報や教育情報を適切なタイミングでわかりやすく提供し生徒と保護者の不安や疑問にしっかりと応えます。